RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
きょうもやま

懐かしい場所です。
一昨年あたりまではよく来てた場所です。
自転車でえっちらほっちら登ってました、この辺りを。

さてそんな感慨にひたりながら登山開始です。


へぇー入間川の起点てこんな所なんだと思いながらしばらく舗装された車道を登って妻坂峠を目指します。


車を降りる前から小雨が降ってたので初レインウェア着用で登ってたんですが妻坂峠に着く頃にはほぼ雨もあがっていたし何よりジメジメ蒸し暑かったのでココで脱ぎました。


妻坂峠から急坂を登ってきて大持山山頂です。
丁度12時だったので狭い山頂でおにぎりをいただきました。
因みに生憎のお天気でガスってますから眺望はゼロ。
山頂でやっと一人のハイカーと出会いました。
車を降りてから2時間半、誰とも会いませんでしたからね。



大持山から歩を進めると「本当に道あってるの?」と思えるような岩場を進むと小持山の山頂です。

やはりココも狭く景色もナシです。

夕方以降の予報も良くないのでさっさと戻ります。
再び大持山を超え今度は鳥首峠を目指します。



白岩地区は昔の集落らしき民家の廃屋が所々にありました。


採石場の脇から登山道を降り車を置いた名郷バス停まで戻りました。

トータルで6時間半と今までの中では一番の長丁場でした。
天候が悪かった上に登り初めてすぐに右膝の痛みが出たので何度も引き返そうかと思ったのですが何とか無事帰れました(^^)
author:umagoya2, category:雑談, 21:29
comments(2), -, - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 21:29
-, -, - -
Comment
登山は高尾山以来、一年以上もありませんね。
常に人生の急山をのぼっています(((^_^;)
をけ, 2013/07/08 8:07 AM
私の人生は小学生頃が山頂であとは下りっぱなしの人生です。
くま, 2013/07/09 9:47 PM